読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

元NNT16卒日記

4月直前に内定が決定した元NNT16卒現事務員。公務員になりたいとか地元(田舎)に屋敷を立てたいとか夢はいっぱい。

私が一人旅する理由

スポンサーリンク

どうも笹野です。

突然ですが私一人旅が大好きです。
 
最近は一人旅ガイドブックなども出て一人で観光地をブラブラしてても変な目で見られる事も少なくなりましたね。
 
しかし一人旅が好きな一方、なんで一人旅してんの?寂しい笑みたいな人もいます。
ということで何故私が一人旅をするのか、好きなのかをご紹介します。
 

 何よりも他人を気にしなくていい!

これは一人旅のすばらしい部分ですね。
他人を気にしなくていいのは非常に気楽です。
学校生活、社会人生活、どこでも人に気を使わない日はありません。
それはマイペースの私にとっては非常にストレスがかかります。
 
一人旅だと同行者がいないので旅行中の人に関するストレスは少しは軽減されます。
どんな行動をしても同行者に何か言われる事もありませんし、現地でちょっと恥ずかしい事をしてしまっても問題ありません。
 
 

非日常感

旅行するのは普段と違った体験ができるのが楽しいからです。
けど同行者がいるとやはり普段の日常が付きまといます。
(その代わり複数のほうが楽しめる事もありますし一概に一人旅が一番最高!という訳ではありませんのであしからず)
 
が、私は一人だと更に非日常感が増すと思っています。
特に非日常を感じるのはとにかく朝早く起きて観光地に行くこと!
昼や夜は人でごったがえす観光地も朝はほとんど人がいません。
そのためゆっくり観光地を見て綺麗な景色を独り占めできます。
 
私が朝行ってよかったと思う所
(朝5時から7時くらいまでにはチェックアウトして行きます)
 
 朝早く行っても宮島行きのフェリーチケット、厳島神社の入場券買えます。
 人のいないため波の音と床のぎしぎし鳴る音をしっとり聴く事ができます。
 
 歴史ある町並みを独り占めできます。
 一人でタイムスリップした気分!
 
・京都各観光地
 京都はどこの観光地でも。
 誰にも邪魔されずゆっくり見たいという観光地こそ朝早く起きて見に行って下さい。
 

人のいない景色を見ると

そして何より本当に人っ子一人いない時だと建物と自分だけを残してこの世に自分一人だけだと錯覚できます。
普段他人に影響され本当の意味で自分本位で動けることが少ない現実があります。
ひどい時は自分の人生は他人の添え物で村人Aみたいな存在なんだろうなと思う事もあります。
しかしこの世に自分しかいないなら自分の人生の主人公は自分だと認識する事ができるのです。
 
 
 
以上の理由から私は一人旅が好きです!
しかし社会人になってしまってもう気軽に旅行に行けないと思うとプチ鬱です…。
日本てなんでこんなに休み少ないんですかね。。
 
 
 
 
※旅行先じゃなくてもとにかく朝早く起きて外に出てみるだけで非日常間はちょっと体感できますのでやってみてください!
普段の景色とは違って見えます。
特に田舎はおすすめです。